香港とシンガポールから外資系金融機関の拠点を、東京が奪う。


らしいです。

標準時間を2時間前にして、

香港とシンガポールから金融拠点を東京が奪う。by猪瀬知事

そんな記事が話題になってたね。

それに対して、

この発言は、小学生が「僕なら、ダルビッシュの球を、ホームランできる」と話すのに、似ているね。的な発言もありましたね。

僕もこれに関して一言もの申したい。

 

あのうなぎ屋とか、焼き鳥屋にある

創業以来の秘伝のたれ

って衛生的にどうなんだと?

 

香港とシンガポールを東京が覆いつくし、その覇権を奪うって、

新しいソースを注ぎ足して古いソースを覆い尽くすのと原理的に同じですよね?

 

実際、「江戸時代から続くタレ!」って衛生的にどうなんだろう。

 

調べてみるに

1、塩分濃度が高いから腐らない

2、毎度加熱処理をするので、腐りにくい。

3、実際、客の回転率が高いので、そんなにタレは残らない。残ってるくらいなら店もつぶれている。

などなど、

 

調べてみるに、

創業以来の秘伝のタレを使っているからうまい。

というコメントはなく

衛生的に安全

or

店の料理がもともとうまい

的な内容がおおいので、つまりは単純に継ぎ足し継ぎ足し守り続けた秘伝のタレって、実際はあまり美味しさへのスパイスにはなっていないんじゃないか?

 

守破離なんて言葉もあるが、

※意味わからん人は調べろ。

現代は伝統の模倣とか言われて、結局過去が一番いいのかよーとか思ったりもするけど、

時代は流れているし、

金融拠点を東京へという話しからなんで秘伝のタレの継ぎ足しを思いついたのかもわからないので、とりあえず寝ます。

 

 

 
追記:

「秘伝のタレ」は「10%off」じゃあたいして響かないのに「10人に1人はタダ!」には心動く消費者へ向けてのキャッチーなコピーだとすれば、

標準時間2時間ずらすのは日本に眠る高齢者の金融資産をマーケットへ動かす呼び水たるキャッチーなコピーと、

潜む背景は全く同じなわけで・・・

まぁそんなことはないね。

寝る。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です