受験サプリ徹底活用 マネタイズ編


さて、連日、受験サプリについて書いてきた。

今回は、それをどう使えばいいのか?

ではなく、これを使ってワクワクしてみないか大学生たちよ!

がテーマです。

 

もっと若者は冒険をしよう!

生活の安定より人生の安定を。って誰かが昔言ってたな。

 

まぁ、要は武田塾をやりなさい。

受験サプリを使ってね。

結局は、

大学合格ってコンサルティングですよ。

「何か問題」があって、「プロセス(手段)」を示し「結果」を出させる。

要領つかめば超簡単。

 

特に大学受験なんて、

全範囲網羅をまずはスピーディーに知る。

その反復。

最後は過去問。

で合格です。

 

あとは、期限を考えると(←これは日本人が苦手なとこだよね)、受かるためのコーチ=ペースメーカーがいればなおよし!

 

・・・ほら大学生チャンスだよ!

君たちは暇でしょ?

個人的にもう一度やってみたいが、

ビジネス規模が大きくなるイメージもわかない。のでそんなにそそられず。

でも、ノマドや意識高いのを気取りたい学生ならOKかもよ。

 

閑話休題、なんとか今年中に東南アジアのどっかに不動産を購入して、軌道に乗せたいな。

世界一周への足がかりですね。

そしたら世界各地の帰国子女向けに日本の大学受験合格へのコーチングをして回っても面白いかもしれない。

そこまで日本の大学に固執する意味(大学受験をする意味は超ある)は僕には見出せないが、それでもご子息を日本の大学に行かせたい駐在員の方は多い。

駐在員の方は、世界市場のゆがみを得て高給取り多いし。

呼ばれた国へ行き、それを転々とする生活も面白そうだ。世界一周をのんびりしながら、好きな事も継続してできる。

って思ってたんだが、DeNAの南野さんの本読んで

「やっぱ企業経営を本気で骨を埋めるくらいやるのもおもそうだなー」

と今は思っている、28歳の梅雨。

毎日楽しくて困ってます。

 

さて、リクルートさん!もしコンテンツ使った、カリキュラム作る人材がほしいなら僕に打診ください笑

どうやらコンテンツを使って、カリキュラムを作ってやらせきるということに関しては900店舗ほどある日本で1番合格実績がでる予備校のTOP20には入るそうです。集まる高校生のレベルを勘案すれば昨年は日本一だと勝手に思いたい。

とまぁそれはどうでもよくて。

 

俺が伝えたいのは、学生さん!!!!

小額から始めるビジネスの基本は在庫を抱えない・店舗を持たない。

高校生の頃は「大学に合格したことがない」君たちだけど。

今は「大学に合格した」君たちでしょう。

やってみたら?

受験サプリは

大学に合格をして適切なカリキュラムを作ることができる君たちが。

文字通り「サプリ」として使うなら大いに活用できると思うよ!

暇ならアドバイスくらいしてあげるのでメール待ってます。

 

 

高校生へ。

ほんとに受かりたいなら受験サプリでは合格できないので他のにしなさい。

「サプリ」ではなく、「薬」を医者の処方の元、正しく使う方がいいと思うよ。

ただ、問題を抱えていない、「現状でもまぁいけるだろう」って人が、健康維持のためにサプリを飲むのは全然OK!

でもそもそもそういう子にサプリは不要だね。

じゃあ今君はどうなの?を考えて使うといいんじゃないでしょうか?

これまた、もし興味があれば、連絡くださいな。

 

 

 

マネタイズ編

まとめましょう。

ホリエモンが言ってた

ビジネス4原則を教育ビジネスに当てはめると

1、小資本で始められる(テナント不要)

2、在庫がない(映像だし)

3、利益率が高い(利益率はそこそこだけど、映像使えば人件費安い)

4、毎月の定期収入が確保できる(月額980円)

こりゃあリクルートさん大もうけ。

 

 

そこで、大学生はこの上記に加えて、梶原純から提言を。

5、経験を売る(自分が体験したものがそのままの再現性を持って売れるって結構おいしいよ)

6、フリーライダー(既存のサービスを使うことができる)はおいしいよ。

この2点はほんと有利。

無から有を生み出すのは大変だが、

既存のものの組み合わせで掛け算的に効果を出すのは意外に簡単よ!

失うものがない大学生がこういったことに挑戦するとおもろいと思うんだけどなー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です