ドラクエでダンジョンをクリアすると地図がどんどん塗られていくあれ


今日は書評をからめて、

『今日が最後の1日だとしたら今の仕事で良かったですか』

だそうです。

 

これは間違いなくNOですね。

胸を引き裂くような後悔があるかと言えば、そうでもないですが、やり残した事が多過ぎるので・・・。

毎日遊んでいるように楽しいんですけどね。

 

【オススメの人】

・やりたいことが見つからない大学生(でも安心してください。この本を読んでもやりたいことは見つかりません。)

・なんとなく今の仕事違うんじゃないかな。と思っている社会人1〜3年目。

 

 

【概要と感想】

第2章のやりたいことの見つけ方

この項がすばらしい。

 

やりたいことなんで最初からあるもんじゃなくて

目の前のものをやっていたらそれにやりがいを見いだし

だんだん好きになって、だからこそ続けられるから、

あとから気づいたらやりたいことだった。

まさにこれですよ。

 

フリーターの僕でも入社の最終面接をすることがあります。

新卒の場合ね、やりがいがあればがんばります!とか、

御社で新しい事に挑戦したいんです!

って言われて、、「じゃあどんな新しい事って具体的にどんなんやりたいの?」と聞いて、答えに窮して・・・

でもまぁまだ大学生だしいいかなって思えるんだが、、、

 

中途採用の面接で、いい歳した人が「やりがいがあれば僕はがんばれるんです」

とか、言われるともう・・・。

薄っぺらすぎて残念。

この本でも読んでくださいな。

 

 

ただ、読んでいて、1点気になったことをあげるとすれば、

世代間の違いがやはりあるなと

社会学的には

X世代(70-74年生まれ)  975万人
Y世代(75-80年生まれ)  1015万人
Z世代(85-91年生まれ)   922万

なんだっけ?

著者は71年生まれだそうだ。

僕は85年

今の子達は1990年代後半もいる。

最初の「好き」を探すのも困難な世代だ。

あまりに多くの選択肢があり、あまりに恵まれすぎているために

「好き」を探さなくても生きて行ける。

 

ここに対関する言及が著書にはなかったし、

著者は疑問にすら思わない部分なんだろうなと。

※この疑問にすら思わないというのが世代間問題の難しいところだとずっとモヤモヤ考えている。

「なんとなくでも、嫌でもやり始めたら好きな部分を探しその中にやりがいを見つけるんだ」というアプローチは

「なんもしなくても生きていられるZ世代や現代の中高生」には全く共感が得られない部分かもしれない。

 

といっても俺も彼らにどう伝えるかの術はなく。

どこかのタイミングでなにかに気づくしかないかなと。

それが恥だったりプライドだったりする人もいるし

結婚や転職などの契機だったりする人もいる

災害避難型民族世界代表の日本人としては取り返しのつかない災害が契機になるかもしれない。

 

いずれにせよ世代は関係なく、

「俺はこんなとこにいる人間じゃねえ」なんて思っている自分が実は

「こんなとこにいるな俺は。」

と気づいた瞬間にこの本の内容が腑に落ちるなと。

 

個人的には

「知らない世界は存在しないのと一緒」

的なフレーズがすごく響きました。

著者は若手の時になにか賞をもらって自分じゃ行けない高級なレストランに連れて行ってくださってそれがモチベになったという文脈で使っていたと思うのですが、

Z世代はそれには魅力を感じません。

ポルシェと軽自動車だったら

結構本気で軽自動車がいいという人が多いです。

(車としての機能を満たしているし、燃費もいいしね)

 

とにもかくにも、僕にはすごく強烈に響きました。

そう!そうなんだよ。知らないってことは存在してないんだよ。

ゲームの地図を思い出すよね。

ダンジョンを進んで行くとどんどん地図が塗られていくあの感じ。

日本と北米とちょっとのアジアしか見た事がない俺には強烈に思いを強くさせてくれましたとさ。

というか日本でも九州四国いったことないし。

仕事は超楽しいので、わざわざ商社とか海外を拠点にする仕事に転職するつもりは全くなく、今の仕事や生き方の延長に、世界地図をどんどん塗って行く事ができるようになるといいな。

それが直接的なのか、間接的なのかは問わないが、できる事なら直接的に自分の地図の色を塗りたいですね。

そう考えると、世界地図だけじゃなく、

「物事」にもリストがあって、経験したことないのが多いなーと。

 

今年は初体験ばかりの年になるといいなー

と思ったらもう今年も半分が過ぎましたとさ。

襟を正してあと半年を!

 

今日はTシャツなんで襟がない。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です