英会話スクール比較に見る、「ニーズ」と「営業力」とは。


結論:

どの営業マンも、圧倒的に想像力に欠ける。

 

お断り:

今回の内容は、英会話学校を探す人には1ミリも役に立ちません。

 

 

「英会話スクール徹底比較」

というサイトをネットサーフィンするくらい本気で英会話をやろうと思っている私ですが。

先日、いくつかの学校を見てきました。

 

目的はふわっとしているくせに、

目的を達成するための、条件と優先度は明確に決まっている不思議な私。

目的:まぁ英語使えたらなー

優先度:
①早朝レッスン可
②マンツーマンとグループの両方選択可(できれば先にマンツーマンで数ヵ月後にグループ)
③料金の妥当性(予算もありますし)
④コンテンツの充実度(お金を払うに値する程練られているか)
⑤個別に課題を出してくれるかどうか、その進捗を追ってくれるか(学習の自由度)
⑥素敵な出会い(前職の直属の部下が英会話学校で出会った人と結婚したとかしないとか)

 

スクーリングなどの、学習に関して一家言持っていると言っても恥ずかしくない実績は出していると思うので、憚らず申し上げると・・・

こういうのは、「管理」と「コンテンツ」と「学習機会」を購入するのが最も成果に直結すると考えています。(ライザップですかね)

 

したがって、

「教え方」や

「講師の質」や、

「講師の国籍」は全く関係ない。

 

ネイティブだろうが、じゃぱにーずだろうが、私のようなpoorな語学力の男では、どんな人が教えてくださっても成果がでるし、

多少疑問符のつく教え方でも、英語に触れる時間が増える分成果につながるでしょう。

 

まぁ、同じ費用なら、日本人より外人ですけど、
それは成果のためじゃなくて、同じ日本人同士で日本語の方が堪能なのに英語で議論するこっぱずかしさを避けるためですからね。

 

こんな感じで、目標がふんわりしているのに、
語学学校への条件だけは明確な不思議な私が、
いくつか見学に行った感想を、順を追って共有しましょう。

 

各店舗の特定を避けるため、店舗最寄駅の記載は避けますが・・・

1、○ーオン
担当してくださった♀がすごくいい人で、店舗の雰囲気もなんだか好き。
清掃がきちんと行き届いて居心地も良い。

聞かれたことにも的確に答えてくれるし、教材やコンテンツもしっかりしていて、、、あれ?まさかの1社目で契約しちゃうか?と思ったが、
見積もりに個別レッスンがないのでダメ。
あ、あと早朝開いてないしなーということで、次へ。

実力チェックの会話が日本人♂で、すばらしく話しやすくてイイ人だったのですが、
20分くらい英語でやりとして、
「はい!修了です」と急に日本語で言われるとちょっと恥ずかしいとか思ったり思わなかったり。

 

唯一の難点は、CMの石原さとみをゴリ推されても、芸能人全く興味ない私としては大してそんな興味もなく、、まぁ、E○Cの浅田真央よりはかわいいなと思ったり思わなかったり。
同じ費用だとあのキャスティングは広報担当者の趣味か?と疑いたくなる今日この頃。

帰ったあとも電話でフォローがあったりと、営業としてちゃんと仕事をしているのは個人的に好感もてて、総じてイイトコでした。

まとめ:やべえ契約しそうだった。

 

 

2、○ェーン英会話
事前にネットで調べても、マンツーマンに定評があるらしい。
外国人講師しかいないし、コンテンツもしっかりしている。
お値段も予算感に合うし、あれあれここもいいなーと思って訪問したんだが、

担当してくださった♀(マダム)に、営業っ気がなさすぎる!笑

営業っ気がないというより、、、

個人経営じゃなく、関東をメインに数十の店舗があるチェーン店にあるまじき、
接客。

 

顧客としてというより、経営者人格としてみると、

「不快」ではなく、

「不安」。

 

個別レッスンは充実していたんだが、グループレッスンで私が希望するビジネスレベルがないとのこと。(横浜や新百合ヶ丘ならと教えていただいたんだが・・・・)

この駅で、しかも徒歩1分という好立地で、しかも住んでいる人の需要を想定して、ビジネス向けのグループレッスンが開校できないっていうのは、何かがおかしい(≒生徒数絶対少ない)のだろうとね。

しかも、水たまりより浅い理由によって、私はこのビルの家賃を知っている。儲かってないだろこの活気のなさ・・・。

 

なによりも、、、イギリスが大好きすぎるのがちょっと不安。

「本当の英語」ってフレーズが、頻発してかみ合わなかったんだが、
そうか!私が「英語」といっているのは「米国語」のことで、彼女やここの英会話学校が言う「英語」は、英国語のことですね。

割とどうでもいい。

体験レッスンより料金とカリキュラムだけ聞きたいんですと、聞いたら20分くらいの説明でまとめてくれたのは高感度大。

 

まとめ:親戚のおばちゃんだったらすげーいい人なんだけど、店舗の長としては変更しましょう。

 

 

3、○リイングリッシュアカデミー

個人経営のとこですね。
早朝マンツーマンをやっているし、なんかスパルタっぽいのがいい感じ。
マンションの一角。ボロイ。でもそんなの語学力の成果と関係ないので全く気にならない。

気になったのは、、、塾長(♂)=講師の我の強さ。

会話のかみ合い度はばっちりで、頭がイイ方なんでしょう。
だがばっとしかし。
10段階で分けるとレベル6くらいに位置すると自負している僕ですから、もうちょっとレベルの低いところからやりたかったなーと。

曰く、
ビジネスでは、文法のミスはアホだと思われるんで、徹底的にエスタブリッシュな文法を叩き込もう。
そして、日常会話なんて後からついてくるんで、ドラッガーやコトラーの原書のようにイージーなものをディスカッションするところからはじめよう。とね。

まとめ:私のような雑魚では難しいのと、正直彼の勉強方法で私の意図した効果がでると思えなかった。
なにより、「○○先生とは同門で、うちの親父が師匠で・・・」とか自慢をされても、1人も知らない俺がバカなんでしょうきっと。

触らぬ神に祟りなし。俺だってオバマ大統領と同じ公園の空気吸ったことあるぜ。と自慢しても意味ないでしょう。

 

4、○ーシーシー
担当してくださった♀がすごくいい人(○ーオンと甲乙付けがたい)
コンテンツもしっかりしている(○ーオンよりもこっちの方がしっかりしてそう)
営業としての間合いの取り方もうまい。

がしかし、実力チェックの英会話は要らないというか、本当に入学を決めたときにしっかりやってもらいたいんで、今はいいです!!!と何度主張しても、「いや、必要です」と食らいついてきたのは意味がわからない。

本当に勘弁してくれということで、テストなしで、説明してくれたんだが、
「結構です」→「いや、やってくださらないと・・うんたらかんたら」というやり取りを4ターンくらいやりましたとさ。。。
結局、集団だと開校クラスと時間割の問題があるので、料金提示が正確にできないとの理由だそうだが、ナンカイモワタシハ個別でサガシテイルと言うたやんけ・・・。

あと、1回80分なので、個別の料金が他の倍(40分に換算すればだいたいどこも一緒だけど)なのはちょっと僕にはハードル高いな。

まとめ:彼女、ふつーに雇いたい。絶対結果出るよ。
もしくは付き合いたいです。

 

5、○aba
入った瞬間。なんじゃこりゃ!(いい意味で)
ホテルのエントランスというか、ネッツトヨタと日産のディーラー見に行った後に、メルセデス訪問したそんな感じ。

個別ブースでお茶も出るし、なんかスタッフもスタイリッシュ。
値段が高いというネット上の評判もあるが、もともとマンツーマンで探していた私としては、
他とほとんど料金が変わらないんです。

待ち時間で自習もできるし、何より唯一早朝(朝7時)から開校している!
コンテンツも、充実していて、色々なかゆいとこに手が届く=学習者が学習に専念できる仕組みづくりがすごい。

がしかし、担当してくれた♂がこれまたすごい。
超絶悪い意味で・・・。

話しが全然噛み合わないし・・・
一通り彼が話し終わったあとに、

俺「じゃあ判断したいんで、パンフレットとかに書いてる内容を・・・御社の特徴とかあと料金とか教えてもらっていいですか?」と聞いたら、なぜか逆ギレ。

「俺パンフレット使わない派なんですよねー」と豪語され色々説明されるんだが、

びっくりするほど的外れ。

 

言いたいことと、言わなきゃいけないことの峻別が苦手なのか、話していてすごく疲れてしまいましたとさ。

このグループって42店舗で売上100億ってことは、1店舗2億超えでしょ?
客単価60万で340名。
結構大規模だろうなーと。

決算見ようとパソコンひらいたら、ニチイ学館なんだね。しかもCoco塾もここなのか。

自社に同じような英会話のブランドを二つもつ意味ってどこにあるんだろ??

 

まとめ:

私のような客は珍しいとは思うのですが、もうちょっと想像力を働かせて、「この人」に「うちのコンテンツ」がどう合致するかを話せる人がいてもいい気がするんだよな。

みんな、「うちのコンテンツがいかに優れているか?」や「特徴」しか言わないもんだから、聞いててまじツラかった。

結構大きな駅の教室だから、戦略上エース級が配属されていると思うんだけどなー。

 

 

まぁ、今回、色々行ったんですが、
事業ドメイン(英語学習者というカテゴリー)は一緒でも、ビジネスモデルは本当に多様ですね。

 

●現時点でほとんど英語ができない
●かなり流暢で維持のため
●家から近くないと無理(主婦層)
●費用的にマンツーマンは無理
●個人に強い
●法人に強い
●2020年の教育改革にも対応

などなど、英会話のニーズは沢山。

 

英会話学校のビミョーにターゲットをずらした乱立状況を考えても、想定される顧客層は絞って絞って絞りきった方が、成果はでるんだろうなーと。
(もちろん、市場に潜在顧客がいるかは調べないといけないけどね)

むしろ、ターゲット絞りすぎて、逃したらどうする?とか考えて、間口を広く取るそのマインドが、顧客を逃す。

 

そうは言っても、ひとつのカゴに卵を盛るのが危険だから的な発想で、事業ポートフォリオを増やしたいのもわかります。

あちらをたてればこちらが立たず。

 

英会話学校に行く目的のひとつだった、

素敵な出会い。

 

マンツーマンだと出会いがないけど、
成果のためにはしかたないかーと悩んでいる俺に、

語学力向上と、素敵な出会いの両方が訪れると思いますか?

二兎を追う物は一兎も得ず。

ターゲットを絞るとはそういうことですよ。

英会話教室探しにも、ビジネスにも、彼女探しにも正解がないということですね。

 

 

追記:

結局全然違う、教室にしました。

理由は、私が想定していないニーズが自分にあったと気づけたから。

それを、営業マンが気づかせてくれたのなら嬉しいのだが、自分で勝手に調べて気づきました。

そして、内容を聞いてそこに契約しましたとさ。