とにかく明るい安村的な生き方を


とにかく明るい安村的な生き方をしてみましょうか。

 

さて、2月ですね。

2016年も実に、約9%が過ぎ去りました。

年初に皆さんが立てた予定の数々・・・。

その進捗はどうですか?

 

やれ、

痩せる

英語の勉強をする

読書をする

彼氏作る

旅行いく。。。

 

だいたい出来ていないことかと思います。

お疲れ様でございます。

 

 

先日テレビで、

とにかく明るい安村なる人が出ているのを見ながら、

一時期ネット界隈で大盛り上がりした、

東大教養学部の石井洋二郎氏の卒業式時を見てましたところ、

プリンにしょう油がウニになるがごとき発見といいますか、

アボカド+醤油+レモン汁=トロ

みたいなインスピレーションがでてきました。

 

式辞を要約すると、

今の時代は情報過多なので、必ず一次情報にあたりなさい。

そして、批判的精神のもと、自分の頭で考えなさい。

というメッセージなんですが、

じゃあどうするの?と。

 

一次情報に行き着くことはできても、自分の頭でどう考えるのかわからないからこそ、

彼らは無駄なリツイートを繰り返し、悦にひたる。

感動的な話は、「シェアささせていただきます」になる。

 

そういった愚行に足を踏み入れない教養を身につける教育機関として、東大があるとするならば、

ああなるほど。

この祝辞はナイスなトップセールスですよ、学部長!

 

きっと東大に入れば、「自分の頭で考える」を徹底的に修めるのでしょう。

 

でも、我々一般人はどうするのか?

 

私の答えとしては、

とにかく明るい安村を真似て生きてみるといいと思うよ。

 

144955601269464200

 

正直彼のことはあまり知らないんですが、

 

きっと彼は、

①見えそうで見えないポーズと

②自分で可能かどうか

にめちゃくちゃフォーカスして街を歩いているはず。

 

実は私も今日それを意識して一日歩いてみたんですが、

1、駅の広告のモデル

2、駅のホームレスの眠り方

3、河川敷でゲートボール打っているおっさん

4、窓から見える整体

などなど、

 

それまで風景と化していたその景色で、どうやってあのポーズをするか考える俺がそこにはいました。

 

とにかく明るい安村。

きっと彼も、めちゃくちゃグラビアアイドルの写真集をみたことでしょう。

アイドルの写真集を経費で落とせるのがいいなーなんて思っちゃいけない。

 

脳みそにアンテナ立てて歩く。

この積み重ねが「自分の頭で考える」の第一歩かなと。

 

ソースの信憑性を探るのも重要ですが、

自分の頭で考えるとはどういうことか?

 

もんもんと悩んでいても、自分で考えているということにはならず、

ましてや、一次情報に行き着く作業は、文字通り作業。

漫然と時間を使っているに過ぎない。

 

2016年もそろそろ10%過ぎ去ろうとしています。

新年の誓いってやっぱり達成無理だなーーというのは、

ネットで調べる必要もないほど皆さんわかったかと思います。

 

ソクラテスも言いました。

無知の知。

 

意味ないって分ったことに意味がある。

 

一次情報を探るのは悪魔の証明がことき困難を伴いますので、

脳みそにアンテナを。

とにかく明るい安村的な生き方をすることが、

実は、自分の頭で考える第一歩になるんじゃなかろーかというそんな話。

 

ソクラテスの思考の問いは、とにかく明るい安村が終わらせた。

と、教科書に載る未来は・・・

 

ないでしょう。