キングスマンを見て、学生ユニオン的な活動を斜めから考える。


 

最近ですね、

暇過ぎるのと、TOHOのマイレージカードをなるものを作ったおかげでですね、

週1以上で漫画喫茶に加えて、

週1以上で映画に行っております。

週1でジムに行くことを考えると、、、もはや私の可処分時間は無職の域ですね。

 

最近見た映画はですね、、記憶にある限りですと、、

HERO

ジュラシックワールド

ミッションインポッシブル

テッド2

キングスマン

kingsmanthesecretservice-shopmv-7

 

アントマン

心が叫びたがってるんだ

マイインターン

見すぎか?笑

 

映画評と、読書の書評はキリがないので、いつしか記事を書くのをやめたんですが、

キングスマン。

これを見て思ったことを少しね。

全然ネタばれじゃないんですが。

 

 

悪役のおっさんが、

「ウイルスの中で、宿主が死滅すると認識している生物は人間だけだ」

と豪語するシーンが印象的に残っております。

 

だから、環境問題にフォーカスするし、

だからこそ要らない人間を間引こう(=殺そう)

そんな感じの話だった気がします。

 

確かに、がん細胞や、ウイルスは、共存を考えることなく、宿主を殺すくらい汚染せしめるけども、、、

ふと、

あれ?これって労働組合も一緒じゃなかろーか。とね。

労働組合発祥のイギリス映画っていうのも一種のジョークか。

 

歴史的な文脈における、「労働組合」ではなく、「最近目にする労働組合のそれ」なんですが。

いや、直近は円安とアベノミクスの効果で、宿主である会社の経済的体力が向上してきたんで、あまり目にすることはなく、むしろ労使交渉がスムーズだったみたいなポジティブな記事が多くて気にならなかったんだが、、

ほんと最近になって、

学生のユニオンがちらほら目に付くようになった。

リンク貼るとあとが怖そうなのですが、

「学生 ユニオン」とかで検索してくるとわらわらと出てきます。

 

ブラックバイト?

もちろん、ダメです。

会社側はしっかりとした対応をすべきですし、

社会としてもそういった組織に制裁を課さないとだめでしょう。

 

そんなバイト先で君たちの人生を使うのは本当にもったいない。

だからこそ、改善のために動く君たちのそれはまぁ別にいいんだけど、

宿主が死滅したらどうするのかを考えたことあるか?

 

 

というのが今日の主張のように見えるでしょ?

違います。

 

個人的には、何かを変えようとがんばっている組織は総じて、ブラックっぽさを孕むもんだと思ってはいますし、宿主が死滅したら困るとも思っている。

でも、まぁそんだけ搾取するようなブラック企業なら別につぶれてもいいじゃないっすか?

ブラックだなーと感じさせる信頼関係しか築けていないならつぶれていいんじゃないかなと。

思ってます。

その意味ではわりと学生ユニオンの子達と同じ気持ちかもしれません。

 

それでもね。

それでもなお、学生ユニオンなんてやめた方がいいんじゃないかなーと思う理由としては、

 

その経験が君たちの学生時代のひと時を使うに値するかどうか?

これをぜひ考えてほしいね。

 

「おかしいことはおかしいと言いたい」

「ブラック企業を見抜く術を身につけたい」などと、熱を入れる理由がHPには紹介されてたりします。

 

何もしないよりは意味があると思うが、

その行為が、一生を21世紀の日本というプロトコルの中で生きようとする大部分の君たちの人生にとって有益だとは考えられないんだよね。

たぶん、あんま意味ないよ。

 

大人になったら丸くなるとか、現実がわかるとかではなく、

もうちょっと考えてみようよ。

 

権利を主張する権利は誰にでもあるし、言いたきゃ言えばいいけど、

主張の相手方もいるし、その相手方の立場に君はあと20年後になっているわけでしょう?

 

もっと想像力を働かせてみたら?

 

あ、社会の変化を読み取って、

日本という枠組みを出て勝負することを決めている人だったら、

まぁ学生ユニオンで声を上げて国内に何かを残す努力をしてもいいと思うけど。

そもそもそのマインドだと、日本という温床を抜け出て海の外で挑戦できるとは到底思えない。

 

だいぶ脱線したけどそういうことだよね。

 

行動するのは自由だけど、行動には生涯を通じた責任が伴うよ?

君たちが相手方に求めている責任と同質のね。

 

SEALDs(シールズ)ネタも書き出すと知識がないのが、バレちゃうんで書かないけどまぁおんなじことだよね。

 

肝心なキングスマンですが、労働組合とは関係なくフツーに楽しい映画でしたよ!

あ、マイインターンの方がおもしろかったですけどね笑

 

願わくば、あの学生ユニオンとかやっている子達が、もっと別の領域で注目を浴びることをエセ教育者である私は期待しております。

 

なお、記事中の考えは、私個人のもので所属する団体とは一切関係がございません。

念のため。