佐野研二郎氏の五輪エンブレムパクリ問題は本当に問題なのか?


 

東京の東側に住んでいるんだから、それらしいことをしようと思って、先日秋葉原に行って参りました。

 

実に何年ぶりか。

ちょうど2年前、間違って一人で、秋葉原に行った時の記事はコチラ

おう我ながら意外におもしろい。

 

さて、秋葉原の町に降り立ってふと思う、

あれ?

今回の佐野研二郎氏のパクリ騒動ですが、、、なにが行けないんだろう?とね。

 

 

もちろん、デザイナーですし、事務所を構える一国一城の主ですから、リスクに敏感でないといけない。

あんな初歩的なパクリ疑惑が浮上するほど雑な仕事なんて擁護に値しない。

というデザイン界隈の主張は本当に正鵠を得る。

 

でもさ、21世紀現在のビジネスって模倣がメインじゃないか。

たとえば、俺に技術があって、明日からiphoneに類似するスマホを出したらそれってダメかね?

 

パイオニアが先にいて、おー儲かる!というのが分かったら魑魅魍魎どもが、我先に参入してくる。

それって健全な競争だと思うんですよ。

 

そう考えるとさ、佐野さんがパクろうとしたそのメンタリティ。

何が悪いの?

と心のどこかで思ってしまう俺がいる。

 

もちろん、技術と意匠は違う土俵でしょというのもわかるんだが、

それでもなお、

優れたデザインの商品をパクってちょっとだけ変えてリリースしたら、それってダメですか??

 

例えば、今回秋葉原に行ったんだが、

繁盛してそうなところは例外なく、「模倣」や「組み合わせ」によるイノベーションに頼っている。

IMG_20150921_150454

 

まぁ、このロリータ達はどうでもいいが、

IMG_20150921_142439

神田神社に行ってあたりを見回すと、こんな感じのコラボ広告が。

残念ながら、このアニメが有名なのかを判断することが僕にはできないのだが、

それでもなんか「秋葉原らしい」見せ方をしているのに好感がもてる。

 

 

 

 

 

IMG_20150921_143125

 

 

町を歩いていると至る所に、

悪く言えば、「オタク文化の飽和」

 

よく言えば、「文化のコラボレーション」が見られる。

 

たとえば、ダイコクドラッグですが、メイド喫茶とコラボして、新しい顧客開拓に邁進しているし、

 

 

IMG_20150921_141739

 

 

 

ドラクエとローソンコラボの店では行列ができていたし。

 

 

 

 

 

IMG_20150921_140804

 

もちろん、ダイコクドラックでも、メイド喫茶でも、ドラクエでもローソンでも。

単体でビジネスを生き抜いてきたのに、組み合わせの妙によってまた新鮮に見えてくる。

 

何もないところへ、突如あらわれる、イノベーションを狙うべきなんだろうけど、

これだけ情報が高度に絡み合う現代においては、

既存の概念の組み合わせこそイノベーションなんじゃないかなと。

 

そう考えると、佐野氏のパクリ疑惑だけど、

ある種のイノベーションに・・・はならないか笑

模倣の組み合わせを一足飛びで越えたいけども、まずは目の前のことを粛々と。

そう思えたんで佐野さんに感謝ですかね。