【かじさんぽ20】世界一周旅行者はPriorty Pass(プライオリティパス)が必須!


 

結論:南米を旅していると、砂漠ではなく空港にオアシスを発見する。

 

今回の世界一周の旅は、

どれだけの初体験ができるか?

というのも大きなテーマのひとつです。

 

したがって、空港泊をしたのは先日書きましたね笑

1泊500円をきる、貧乏宿にも泊まりましたよ。

治安が悪い国や、生活水準が日本と比べて低い国にいると、

ちょっと心を落ち着けたくなる日もあるでしょ?

 

宿でWi-Fi入らないところもありますし。

あの黒光りして素早いG達や。

お前いつまで起きてるんだよ!っていう蚊たちや

いや、あなた始めて見かけるんですけど。っていうカラフルな毛虫達。

彼らと戯れる宿もいいですけど、避けられるなら避けたいでしょ?笑

 

そこでオススメなのが空港ラウンジ避難でございます。

当然ながらWi-Fiは完備ですし、食べ物、飲み物はフリーです。

南米最貧国のボリビアのラウンジですらちゃんと、食事は出ます。

国際線で規模が大きいとこになると、シャワーとか仮眠室まである模様。

参考までに、

[メキシコ】
IMG_20150415_130211IMG_20150415_125006
なんかメキシコのスポーツ代表選手が多かったです。

 

[リマ】
IMG_20150416_070408
空港泊から避難。

 

[クスコ】
IMG_20150416_101153
着いたけど宿を予約してなくてWi-Fi欲しさに避難。
なお、日本語が片言の客引きが中まで入ってきてスタッフとケンカ。

 

[ラパス】
IMG_20150427_142009
利用者俺だけだった。

 

[サンティアゴ】
IMG_20150429_093929
朝早くて朝ご飯食べに。

 

ヨーロッパについてからは空港快適なのでことさら使おうとは思いませんが、

南米では大活躍だった空港ラウンジ。

 

プライオリティパス(priority pass)ってなんじゃらほい?

と思った人は、こちらをご覧くださいませ→プライオリティパス

要は、これ持ってると、提携している世界中のラウンジが使えるということですね。

 

スタンダード会員:

年会費99ドル 使用一回につき27ドル

スタンダードプラス会員:249ドルで年間10回まで使用OK

プレステージ会員:年会費399ドルで何回でもOK

とまぁ3つの価格帯になっております。

 

日本のクレジットカード会社でゴールド以上の券面を持つと、日本の空港のラウンジが使えるようになるのは多いですよね。

でも海外ではほとんど意味をなさない。

てことで、世界一周旅行で空港を使う場合は、スタンダード+会員になってゆっくり疲れを癒す戦略で損はないんじゃないかなと。

 

もちろん、日本のサクララウンジのように、航空会社系のラウンジはビジネスクラス以上じゃないと使えないとか、ヒースローとかの大規模空港で、プライオリティパスしか持ってない雑魚はお断りみたいな空港もいくつかあるけど、

大都市圏の空港は快適だから、別に不要でしょ?

 

なお、このプライオリティパスですが、プラチナ以上の券面のカードを持つと、無料で会員になれるところが多く、

ざっくり調べたらほぼ全てのプラチナカードで、申請すればお家にプライオリティパスが届きます。(1週間くらいで)

 

でも、数回しか行かない空港で249ドル=30,000円はちょっと高いっす。

と思う君へ朗報。

楽天プレミアムカードが年会費1万円でプライオリティパスがついてくるってさ

プライオリティパスの年会費より安いじゃん笑

ていうか、マスターカードを俺持っていないので作ってくればよかったなと。

ヨーロッパでマスターだけしか使えないところが意外にあってびっくり。

 

審査の基準が書いていないが、

シティカードのゴールドがホームページに年収200万以上って書いてあるからそんくらいなんじゃないっすか?

学生ではダメかもしれないが、新卒1・2年くらいで会社辞める前にこのカード作って旅にでるのはありじゃないっすかねーと。

まぁ無職の俺には作れないカードか笑

 

話題変わるけど、せっかくこんだけ飛行機乗っているんで、

このまま帰国したらJALのマイル修行をして、JGCに入ろうかなーとも思ったんだが、

ディズニーシーのビックバンビートを特別席から見れる以外のメリットが見いだせないっす。

お詳しい人とるべきか教えてー!

 

さて、

スペインーフランスードイツーチェコを抜けて、ポーランドに着いたんですが、

なんだが、南米に戻ったかのようなそんな町並み。

同じデザインの建物も多く。

ああ共産圏に来たんだなと実感。

 

今日はどこいってなにしよ?

ほんの30年前まで、この当たり前の問いができなかった国に今いるんだなーと。

 

かじさんぽ@クラクフ(ポーランド)