【かじさんぽ19】受験の失敗はいくらでも取り返せるよ。 〜世界で活躍する教え子たち〜


結論:受験の失敗くらいなんとでもなる。今目の前にあることを頑張ろう(自戒の意味も込め)

 

男の夢に年齢は関係ない。

そういって、高齢者なのに、エベレスト登頂したとか、

定年してから弁護士になったとか、

医者になったとか、

そういった例は、枚挙にいとまがない。

と思っております。

世界中に素敵な日本人が沢山おりますが、

本日の記事はですね、高校生や大学生に向けてです。

あと、浪人生とか、仮面浪人とか特にそんな人に向け。

だから、大人が見てもつまらないっすよ。

 

以前ですね、ネット界隈では、大石哲之さんの

英語もできない文系ノースキルの子頑張れ的な本が流行って記事も書きました。

 

そして、それに関連して私のブログ中で意外に人気のある記事がこれ。

本当の高学歴ってなんだい?

 

皆さんがどういう人生を生きたいのかどうかは知りませんが、

お金:ないよりあったほうがいい。
信頼:ないよりあったほうがいい。
友人:少ないより多い方がいい。
などなど。

というか、あって困るのは脂肪くらいですかね?

 

4月に入り(←てことはこの記事4月に書いてるんだよね笑)、

教え子諸君は、

サークルにサークルにサークルに精を出していることでしょう。

GWまでに彼氏彼女ができなきゃ1年間できないぞ。と教えてあげたのにまだできないの??

 

 

今回の世界一周の旅は、イデオロギーや歴史が動いたその場所を自分の目で見たいというのが一つのテーマでした。

なので今も残る社会主義国家のキューバに行く予定だったんですが、急遽人に会いにメキシコのタスコに行きまして。

 

彼ですね。
IMG_20150413_130821

 

 

 

あ、違ったこっちです。

IMG_20150414_231543

もちろん、左のイケメンね。

 

何をしてたかって?
サソリがいたんで、毒をぬいて、酒につけて飲んでたんですよ!

IMG_20150414_231411
IMG_20150413_195753

 

 

彼に話を戻そう。

田中文滋。

年齢忘れた笑

 

現在、東京工業大学大学院に在籍してるんだが、

国から出る奨学金でメキシコ留学中。
(返さなくっていいんだってー。俺ももらってそれを事業資金に使いたいな笑)

 

日本語はもちろん、スペイン語も英語も話せる。

大学名見ればわかるでしょうが、理系の男の子ですよ。

 

しかもね、俺が苦手な親父殺しが大得意。
(※親父殺し=年上にかわいがられること)

 

僕が大学生というか、教え子達に言いたいのはね、

また「危機感をあおる感じ」になってしまい恐縮ですが。

毎日、Twitterやインスタで、サークルや学校楽しいを表現するのもいいけど、

今の生活と同じ延長に生きたければ、少なくとも文滋と同じレベルにいないといけないけど大丈夫?

(今回海外に出てほんと日本の国力は今後落ちる一方だなーと、思っているのでそれはまた別で記事にします)

 

世界中を旅をして、日本企業の看板や広告を見ない国はなかったし、

今後グローバル化の動きを否定するのは難しいでしょう。

海外において平均値を出すのは難しいとも先日書きました。

 

上もあれば下もある。

突き抜ける程の超上を見たら切りがないが、一般的なホワイトカラーで見ても、

月10万を稼げる国は本当に少ないよ。

南米だけじゃなくて、スペインみたいな先進国も大卒初任給800ユーロだってよ。

 

そういった彼らですら、二カ国語は当然話せて、何らかの専門スキルを持ち始めている。

もちろん、言葉ができるだけでは意味がないし、

グローバルな時代と言ってもそれは先進国が、途上国を経済的に植民化する意味での、再帝国主義的なものであって、後進国(発展途上国)の有能な人間が先進国に食い込めるだけのインフラや仕組みがあるわけじゃない。

 

わかりにくい?

要は、能力あっても後進国の人が必ずしも先進国に来れるわけじゃないって事よ。

だから安心か?

 

国外にはハングリー精神を持ち、数カ国後をしゃべれる人間が多くそのチャンスを狙い。

国内の気づいた人間もこうやって一度は外に出て更に磨きをかける。

アベノミクスや黒田バズーカーがうまく決まって日本が復興して、内需だけで回ればいいけどさ。

 

小中学校で習った算数と、公民の知識を使えば、

明日という日がくる可能性と同じくらいの確実度で、今後は外貨を稼げる人間になることが必須なのは導き出せるでしょう。

 

もちろん、日本が相対的に廃れる中で、周りも貧乏になるからいいや、という発想ならばそれでもいいでしょう。

でも、本当にいいの?

あれだけ、受験に備えて勉強したのに、

なぜ、将来に備えて行動しないの?

 

海外に出て、日本の教育に憂い、せっかく日本に生まれた幸福な事実を活かせない日本の親と、子に憂い、帰国後やりたいことが明確になってきた、そんな出会いでした。

うん、キューバに行くより絶対有意義だった!笑

 

 

なに?彼はスゴい大学院にいるからだよーと思うでしょ?

 

ここからは、浪人生や受験に失敗した子応援なんだが、

高校はフツーのレベルの高校で、大学は、芝浦工業大学。

(誤解を恐れずに申し上げれば、1年頑張れば誰でも行ける大学だろ?笑)

 

そこから東京工業大学の大学院に進学しているので、受験に失敗しても大丈夫です。

 

冒頭に戻りますが、大人になって、やる気を出しても手遅れなケースが実は人生には多いんです。

だから、モノともしないで成し遂げた人が注目されるんでしょう。

実は、人生を大きく変えるのは日本社会においては、高校生活から大学生活の7年間だよ。

 

受験の失敗なんて些末なこと。

埋没せず頑張れ。

と同時に、運良く第一志望に合格した君。

受験勉強時期の半分も勉強してないでしょ?

そろそろ6月だし始めようぜ。

 

なにを?という人は相談乗るし、

彼に会ってみたいっていう要望があればつなぐんで連絡くださーい。

 

 

と、書いてたら文滋から、別れ際もらったブレスレットが切れた。

連絡したら、彼の命に別状はないとのこと。

かじさんぽ@プラハ(チェコ)