【かじさんぽ17】テラス席はアジア人お断りの巻。 GACKT事件の真相に迫る。


 

結論:言葉ができればなんとかなる笑

 

今回の旅は色々な経験をしようということで、

以前からもお伝えしております通り、泊まる場所は多種多様でございます。

 

梶原的一つの結論として、旅の最中に泊まるホテルは、
チップを払わない程度だが、シングルルームが居心地良し。

 

イメージわかない?
つまり東横インみたいなものがベストです。

 

今回のテーマは食。

日本にいる際には、365日外食orコンビニだった梶原ですが、

この旅ではなんと毎回自炊をしている。

・・・はずもなく。

100%外食でございます。

 

 

調味料とか荷物増えるの嫌じゃん。

 

余談ですが、お土産も一切入っておりません。
さらに余談ですが、不要なものはどんどん捨てています。
(先日受験のときに使っていた電子辞書を捨てた。英英すら入ってないのは不要すぎる)
(愛用の双眼鏡は盗まれた模様・・)

 

世界中のレストランに入り周りを見渡してなんとなく思うんだが、

アジアやアメリカの人は生きるために食うけど、欧州の人は食に喜びを作り出すなーと。

もちろん初体験大好きな僕ですから、色々なグレードのところに顔を出します。
(惜しむらくはジャケットを持ってないのでドレスコードにひっかかるとこが多いことか)

 

ファーストフードも多いですが。

ロンドンのラーメン。
IMG_20150507_140702
※テイクアウト可!

ロンドンのラーメン2
IMG_20150508_184030

 

スペインのラーメン。

IMG_20150510_155406

 

と、寿司。
IMG_20150510_153400

 

パリのラーメン。

※写真は後日。

 

 

ラーメンしか食ってないのか?

いや、そんなことは、ない。

基本ファーストフードなんだが、

昨日は街を歩いていてある記事を思いだした。

 

GACKTあきれた、フランスで露骨な人種差別

曰く、テラス席はアジア人ダメの法則。

 

こんなの見てしまったからには、本当かどうかを確かめる。

場所は、サン・ルイ島。

お隣、シテ島は、ノートルダム大聖堂とかコンシェルジュリーとかがあって、観光客満載。

アジア人しかいない。

 

ターゲットはここ。

※後日写真を。

 

値段を見る。

コカコーラ7ユーロ=940円。

よしここに決めた!

 

店「ぼんそわー むしゅ #$%&’」
俺「ごめん、フランス語できないっす」

店「じゃあ英語でいい?」
俺「うむ。」

その後、飯を食うのか、飲み物のみか、パリは楽しいかなどどうでもいい話を交えつつ、

店「中と外どっちがいい?」
俺「(きたーーーーーー!!)うむ。外でいいすか?」

店「・・・まぁいいでしょう。」

 

案内される俺。

大雨で汚れた俺のニューバランスが眩しく輝く。

 

俺「あ、ここの席じゃダメ?(ちょっと広めのところ」
店「・・・あーーここは、大人数できた時に座ってもらうところさJun」
俺「了解!(そういえば名前教えたな、俺こいつの名前覚えてねーや)」

※このイケメン彼の写真も後日。

 

 

結論:周りからは英語しか聞こえない笑

右サイドは、フランス人とその友達女子会(片方フランス語できるけど、相手の友達は観光客?英語しかできない。やりとりは英語。

左サイドは、陽気なアメリカン人。国籍分らないけど、アメリカ英語だったと思う。

トップは、たぶん70歳代のイギリス人ご夫婦。「A」の発音が気になる。「えぶりだい!あまいじんぐ!」ってなんやねん。いや、国籍わからないけど、英語しか使ってなかった。ワインめっちゃ飲んでた。

 

 

食事中は差別受けている感もなく、ちゃんと対応してもらったような気はするので、

GACKT記事の真相はわからないけど、

やっぱり、英語圏の人ってか観光客でまとめられてるなーとは感じる。

 

そして、外からめちゃくちゃ見られる!笑

この視線は南米以来。

ヨーロッパ入りして、アジア人が珍しくないのか、そんなに見られなかったが、

ここではめっちゃ見られる。

 

「あれ?なんだこの外人?」

「テラスで一人で飯食ってる」

「友達いないんだかわいそう」

みたいな視線。

あれはつらかったなーー笑

 

俺の顔を見て、中国人だか、韓国人だかの3人組が店に入ろうとしていたが、断られたのか彼らが断ったのかはわからないが、結局店には入ってこなかった。

 

味?あんま覚えてない。

オニオンスープ・なんかメインの肉・デザートのセットとビール・コーヒで、63ユーロ。

8500円かー。まぁこれ以上の価格帯になるとさすがにドレスコード引っかかるのかなーと。

 

フランスのハイブランドは嫌いじゃないので、

公私兼用で使えそうな、ゴヤールのサンルイをサンルイ島で買おうと思ったんだが、既に21時で店がしまっていたことに加えて、なにより物欲がもうなくなった笑

バッグに20万円ってもう価値を見いだせないなー。

 

そんなことを思う、パリ。

 

こういった、食事はどこか落ち着かず、

ファーストフードの方が性にあっているとは思うんだが、

手軽な店で済ませるといつも、これを思いだす。

 

そう、石田徹也氏の牛丼の絵ね。
さずがに著作権的なものがあるのでリンクで飛んでみてみてください。

 

人生80年と考えると、29200日。
もう既に、10950日を使っている。

あと、18250日。
結構少ないよね?

三食全ては無理にしろ、帰国したら一日一食は気を遣おうと決めました。

 

あなたは食を楽しんでいますか?

かじさんぽ@サン・ルイ島(フランス)