世界一周コンサルティングをお願いしてみた。


 

結論:仕事辞めてまで行こうと思っていた場所に行けなくなりましたとさ笑

機会損失額は何百万円だよ・・・笑

 

なんと、ブログを更新するのが、2月に入って初めて。

 

なぜ?

意外に忙しかったのでございます。

 

というのも、4月から、世界を中を散歩してくると前回宣言しましたが、

 

  1. 当然、予備校業は2月が一番忙しい。
  2. かじさんぽ(世界を見てくる旅)の計画(ルート決めや予防接種、必要なもの購入など)
  3. 旅から戻ってきた次にやる仕事のあれこれ。(意外な盲点。次の仕事を決めて旅立てそう)
  4. そうだ車もう使わないから、売ろう。車検もあるし。
  5. 婚活
  6. 英語やスペイン語の勉強

 

という感じで、超忙しかったのです。

楽しみにしていた全国の皆さんごめんなさい。

そんな人いねーか笑

 

 

さて本題。

いくら仕事を辞めて旅に出ようとも、働くからには結果に拘りたい。社内一位じゃなくて、当然全国一位を目指すわけでございます。

ですので、私の能力の低さも足を引っ張り、、2月はめちゃくちゃ忙しかったのです。

 

旅のコンセプトは次前回ちょっと語りましたが、

さすがに忙しいので、出発までのコンサルティングを

世界一周堂さんにお願いしました。

 

ネットで色々探したのですが、まぁいかんせん情報が少ない。

でもまぁコンサルっていうんだし、

32400円で色々教えてくれるっていうんだから、

 

お金を出して時間を買う

というつもりで今回お願いしたのでございます。

 

 

【よかった点】

レスポンスがめちゃくちゃ早い。

以上。

 

おそらくは、同一人物が返事をくださるのだが、返事はすごく早いので助かります。

彼は休んでいるのか?必ず24時間以内に返信がくる。感謝!

 

がしかし、である。

(ブログやSNSでマイナスなことをpostしたくないので、なるべく客観的な事実だけを記載しますが、以下、あまり気持ちよくない内容なので、閲覧する際にはご容赦くださいね)

 

コンサルティング (consulting) とは、企業(まれに行政など公共機関)などのクライアントに対して、専門知識を活用するなどし、客観的に現状業務を観察して現象を認識、問題点を指摘し、原因を分析し、対策案を示して企業の発展を助ける業務を行うことである。 または、その業務そのものを指す。

 

とのこと。

報酬を払って期待するものが得られたか?

・・・NO。

 

全部自分で調べられることでした。

いや、いいんですよ別に。

調べられることだってわかっているが、調べる時間がないのでお金を払うわけですから。

でもさ、結局「調べてから聞いてください」という感じに帰着するのです。

 

もうちょっと具体的に言うと、

 

僕のイメージしていた、コンサルは、行きたい場所を挙げて、日数を指定したら、移動手段や注意点の提示や、提案があるのかと思っていたのですが・・・

原則、

世界一周航空券のフライトルートだけ。

 

今回依頼した意図としては、3月31日まで仕事をしていて、4月2か3日に旅立つので「時間がない」・「お金で時間を買う」という認識でした。

 

行きたい場所の歴史を調べて、○○行けますか?という返事に関しては、すごく速いのですが、

代替案があるわけじゃなく・・・

Aであっていますか?→はいあっていますという返事が10時間後にくる感じ。

 

あのー返事の前に自分で調べて解決できるわ!笑

 

ユーレイルグローバルパスについて聞く、

予防接種について聞く・・・

「一般的にはこうですね。URLを添付したのでご確認ください」。

 

イメージとしては効率の悪い家庭教師というか、「正解を確認する感じ」です。

1を聞いて1返すのはコンサルティングじゃないでしょー笑

 

A→B→Cというルートが行けるのかを自分で調べて聞く→それをメールで確認してOKだよと返事をもらうみたいな。

 

A→B→Dって行けますか?

という質問に対しては、

「直行便はありません。DはEを経由すれば行けます。」

という返事はくるのですが、

 

「Eを経由すれば、梶原さんが2個前のメールで諦めた、FとGが近いのでどちらか行けますよ」

みたいな提案はない。

結局時間かけて自分で調べて・・・「あぁ、Eを経由すればFにも行けるんだ」と気づく。

 

一般論と、質問に答えるだけのコンサルはさすがに聞いたことがなかったので、当初面を食らってしまった俺がいる・・・笑

 

とまぁこれだけだったらよかったのだが。。。

 

不満しかないコンサルに加えて、色々自分で調べて、確認してもらったルートがある程度完成しまして、

現在旅をして南米にいるサークルの後輩に「ドヤっ!!!」と送ったら・・・

 

「純さん、これって、AとBとCでビザ取ってます?行けないっすよ」

とのこと。

 

ん?

ビザ・・・?

VISA?

査証?

VISA

OMG。

 

繰り返しになりますが、

「時間がない」・「お金で時間を買う」ためにコンサルを依頼したのでございます。

したがって、4カ国分のビザを申請して云々なんて時間俺にはないっすよ・・・笑

 

というかあと1ヶ月じゃたとえ3月無職でもむずいんじゃなかろーか。

(VISA作る時パスポートもあづけちゃうんじゃなかったか。それすら調べる時間がもったいない)

 

 

まぁ、3万円て正直返金を依頼する額じゃないですし、

確かに契約してすぐの定型文にビザの言及はありましたよ。

俺が悪い。

 

でもさ、コンサルティングを名乗るなら、ビザの必要な国がルートに組み込まれたら、

「ビザ必要が必要ですよ」の一言があってもいいのになーと。

 

いやー仕事辞めて報酬0円の期間を作るくらいの冒険なのに、まさか行けないところが出てくるとは・・・。

なんだかなーと笑

お金はいいんだけど時間を返してほしいわねほんと。

 

まぁ、俺の担当者がたまたまそうだっただけで、そこだけみて全部を判断はできませんけども。

 

てことで、今日の教訓。

タダより高いものはない。

たとえ金を払っても、安かろう悪かろうには気をつけろ。

 

まぁ、困ったときこそポジティブに。

もともと100日くらいの行程なので、1都市の滞在数を増やせばええだけやんな。

なんだかなー

 

これ読んだ人で、誰かビザとるいいアイディアある?

第三者に委任できるなら、お金払うんで取ってきてくれるとうれしいな笑