初体験が好きな理由 


 

新年早々なかなか卑猥なタイトルですね。

そう。

何を隠そう・・・

私は初体験が好きなんです。

思えば、そろそろ20代も終わりを告げる。

ということは、30代を初体験できるのか?笑

 

先日久しぶりに海外に行ったのですが、

国内外、時期を問わず、というか旅行だけじゃなくて、ありとあらゆる初体験が好きです。

 

なんでか?

いろいろ考えてみたが、うまく言語化できない。

 

逆に皆様に聞いてみたいのです。

想定できる未来の延長をループして面白いのかな?って。

 

今日という日と限りなく似た日々が毎日続く。

昨日も今日も明日も。

たとえば、ちょうど2週間前の君は何をしていましたか?

私は当然、漫画喫茶におりました。

クリスマス?何それおいしいの。である。

 

もちろん、どんな人にも変化はあるでしょう。

それは、
進学による変化だったり、

子育てによる変化だったり、

気候・季節など環境にによる変化だったり

制度の変化、

クライアントの変化などがあるだろうが・・・

 

結局のところこれだけ情報があふれていれば、その些細な変化が起こす未来は

実はほとんど想定の範囲内じゃないっすか?

 

特に大学を卒業したであろう多くの人間が、1日の大部分を仕事で終えると思うのだが、

仕事なんてどんな種類の「仕事」をしようともまったく想定できないものなんてなくないか?
(想定するのとうまくこなせるのは別次元の話しです)

その意味において、「仕事でしか人は成長できない」っていう内容をDeNAの南場さんが言っているのを目にしたが、実は人生の大部分を占めるが、想定できないことが起きにくく、想定内のルーティンが占める割合の大きい「仕事」こそ、実は人が最も成長できないことなんじゃないのかっていうのは脱線しすぎでしょうか。

 

今日という日と限りなく似た日が毎日続く。

多少の変化ではグーグルさんに聞いたらすぐでてくる。

このハムスターのランニングのような螺旋から逃げ出したくて、初体験が好きなんだなーと感じた次第であります。

だって、世界はこんなに面白ことであふれているんですよ。

 

ジョブズじゃないけど、

もし明日死んだら、まだまだ俺は後悔ですよ。

 

だって、クリスマスにさすがに漫画喫茶はないだろう笑

と言えるくらいには大人になったのかなと。

あ、そうか!対物や対仕事では未来が想定できるが、対人間だと未来は想定できない。

 

なるほどね、だから人は結婚するのか。そうですか。