俺がソーシャルアパートメント(シェアハウス)から退去する本当の理由。


 

理由:毎日が楽しすぎるから!!

そして、私の意志が弱すぎることに加え、安寧と生きていいほど能力が高くないので自戒の意味も込めて・・・。

 

 

さて、ソーシャルアパートメント(シェアハウス)に住んではや半年。

色んな理由が合わさって住んだコンフォートたまプラーザですが、

退去のときが訪れました。

 

なんで?と聞かれたときに、

お金がないからだよ。

と答えていましたが・・・

 

さすがに家賃くらい払えるわい!笑

 

親族を含め、人様から「おかえり」と言われることに免疫がない私でも、

言われて悪い気はせず。

せっかくのシェアハウス暮らしなんだからという理由で、毎日酒を飲み集い。

毎日がエブリデイ。

 

写真-14-08-30-18-20-24-300x225

写真 14-09-01 0 06 21

写真 14-08-02 22 30 39

写真 14-08-10 23 17 25

 

多くの外国人たちと、ブロークンな英語で話しをして、世界が広がった気になり・・・。

その実、家から一歩も出ない日もある内弁慶。

 

ふと気づくと、

引っ越してからの半年間で読んだ本の数が、

引っ越す前のひと月にも満たないことに気づき。

 

新しい出会いは多くあり、とんでもなく社交的な人や、

何考えているかわからない人。

人種のサラダボウルよろしく、

日本人でもこんな生き方できるんだなーという感動はあったものの、

自分が生きようと決めた分野でインスパイアされることはなく。

 

ただただ楽しい毎日。

 

「生きる」という意味においては、コンフォートだったんですが、

「やりたいことをやって生きる」ための住処としは誘惑が多すぎるのと、

なによりも私の意志が弱すぎて。。。

(だって毎日たのしーんだもんしょうがねーよな)

 

 

幾度となく引用している大前研一の言葉を借りるならば、

人が変わるのは3つしかない。

1、時間配布分を変える
2、住む場所を変える
3、付き合う人を変える

だとのこと。

俺もそう思う。

 

最も意味がないことが、

意志を新たに強く持つこと。

だろう。

 

そうなんですよね。もうちょっと頑張って一角の人間ならないと、コンフォートな生活をするにはまだまだ私は幼すぎる。

 

とまぁそんなこんな理由で、私はソーシャルアパートメント(シェアハウス)を去るのでございます。

 

つまりですよ、

エンジョイライフがあるかもしれない!と思って、

ネットで

「ソーシャルアパートメント」

「シェアハウス」

と検索してこの記事にたどり着いた人に告げるとですね。。。

 

めちゃくちゃおもしろいぞ!

ぜひ住んでみな。

何かが理由でちょっと興味を持ったんでしょ?

間違いない!住んでみよう!

 

 

ということで、ソーシャルアパートメント(シェアハウス)で関わってくださった全てのみなさんへ。

ありがとうございました。

 

当面今年達成したいと思ってることが達成できたら、またふと戻りますわ。

おっと、その前に彼女ができて結婚してたらごめんなさいね!笑