BOYZ Ⅱ MEN JAPAN TOUR 2014を見に行ったら、Bit Coinの可能性を再認識したという感想。


 

先日ですね、BOYZ Ⅱ MEN(ボーイズツーメン)のライブに行って参りました。

何を隠そう。ワタクシ彼らが大好きでして、5年くらい前から来日する度に必ず見に行っていたんです。(去年来日がなかったのでもうラスベガスまで見に行っちゃおうと計画したくらい)

もうどれくらい好きかって行ったら、人生において彼ら以外のアーティスのライブに行った事がないくらい!!(まぁ音楽がそんなに好きじゃないと言えるのかもしれないが)

 

今年も来日すると聞きまして、当然休みを取ります。(混むのが嫌いなので当然平日)

・・・ところがですね。

休みをとったのに、うっかりチケットをとり忘れたわけですね。 俺ったらお茶目さん。

 

 

 

カラオケにいっても絶対にマイクを握らないくらい空気の読めない、ワタクシには当然のように、どうにか頼むようなライブ大好きの友達もおらず。

というか、ふつーに友達もいないのは今日の本題からズレるのまた今度。

 

なんとかして当日券を手に入れようと、ネットを検索。

 

なーるほど。9500円のチケットが20000円ですか。そうですか。

彼らの美声vsうまい棒2000本の葛藤を。

両親に寿司でも食わせたことにしようという脳内転換により危うく、ポチっと押しそうになるのをこらえ、噂に聞いた当日券を求めに、国際フォーラムへ。

 

たまプラーザという駅名にカタカナを入れちゃうようなキラキラネームな最寄り駅を出発し、無事有楽町に着く。

 

なるほどー

サイフを忘れてる。

 

当時のワタクシの武器は、

Suica(残高1800円)

小銭入れ(974円)

冷や汗

の三種の神器。

 

結局はですね、前から4列目くらいの席を取れまして。

boyz

もうこんなに近いんですよ。

 

会場の広さはと言えば、Twitterにあった当日の投稿から写真を拝借。

boyz2

 

こんな感じ。

収容人数5012名とのこと。

 

どうしたのか?

助けてグーグルさん→オークション→落札→カード決済(カード番号登録しているので、1クリック)→先方から支払い済みのセブンチケットのIDが送られて来る→さすがにコンビニで0円は恥ずかしいので、レッドブルと一緒にレジでその番号を伝える。

ゲット!

写真 14-09-20 12 04 09

という感じで無事に見に行けましたとさ。

 

ちなみにみんなが気になるおいくらか?

 

 

なんと・・・8900円ww

 

転売を生業とする素敵な、コ○○○○○タさんが大量に買い付けたものの全然売れなかったんだろう。

俺の隣の席も空席だったし笑

ということで、無事見に行けましたとさー

 

 

さて、超長い前置きを経て、

今日の本題。

 

お金がなくてもチケット買えて、無事BOYZ Ⅱ MENのライブが観れる。

ここにきてなんか変な違和感。

 

お金なくてもサービスを受けられる。

お金という「もの」に価値はなく、お金の「価値」に価値がある。

人生29年。お金を大切にしなさいとは、そのモノに対して向けられていた感情なんだが、

そうなんですよ。価値に価値があるんですよ。

 

もちろんクレジットカードという個人の与信を元にしたキャッシュレスなサービスは昔からあったんですが、カードさえ不要という違和感。

 

Bit coinに加えて、Apple payなんてサービスも始まるし、

Apple Pay(アップルペイ)とBit Coin(ビットコイン)の違いについては、このスライドがひじょーに分かりやすい。(アップルペイに関しては彼の予想だが)

「お金」というモノを持たなくても、「個人」の与信で対価を享受できる。

そんな世界まであと一歩だなという不思議な感覚。

 

先日海外に送金したときも、100万円ちょっとを一瞬引き出して、別の口座に入れてという意味では現金という「モノ」を手にしたが、その倍以上の額をこの手に触れず送金。

 

シェアハウスに住んで、全然モノって必要ないんだなーということで、所有欲も物欲もなくなり。今度はお金という「モノ」すらいらない気がしてきたそんなライブでした。

 

やべえ全然引っ越しの準備してない。。。