市民恊働とは 〜よくわからないので内部(市民恊働推進審議会の委員)に潜り込んでみた〜


 

写真 14-05-01 11 57 47

恊働とは:

市民と市及び市民と市民が、目的を共有してそれぞれの役割及び責任の下で、相互の立場を尊重し、協力して、公共の利益を実現するために活動することをいいます。

by 相模原市市民恊働推進条約。

 

どーもこんにちわ。梶原純です。

最近シェアハウスや、不動産投資など、なんかお金のニオイがする話しばかりだったので、

今日はちょっと堅い話しを。

 

「恊働」について。

実はワタクシが相模原で教育業界のお仕事をしている(していた)のは、

大して有名じゃない話し。

そして、なんかよくわかんないけど、以前政治家になろうと思ってた的なことを書いたこともある。

※この辺はいつか詳しく書いてみよう。

 

自他ともに認める偽善者のワタクシは

(1)うーん、相模原に住む優秀な(少なくとも大学受験を本気で目指して努力したであろう)大学生を毎年何百人と見ているが彼らって大学合格後なんか力抜いてるな

 

(2)そいつらをけしかけてなんかおもろいことできないかな。あわよくば、お金稼ぎを。

 

(3)そういや俺政治家的なことを目指していたんで、マネタイズが難しい「公共性」を伴う事業ができないかな。

 

(4)なにこの恊働?おもろそうじゃん。

ふむふむ、市が資金を出してくれるのか・・・

 

よし!じゃあやってみるか!

という思考回路を経て(結局金稼ぎの話しか!というツッコミは心の中だけにしてください)、

色々調べたら・・・

 

申込期限が切れてまして笑、

どーしよーと考えていたら、

「相模原市市民恊働推進審議会のメンバー募集しているからやれ!」と仰せつかったので、色々文章書いて選んでいただきました。

 

審議会の初日は、

市長から委任書?を受け取ったり、

審議員の会長である牛山先生からの講義を拝聴したり、なんだかワクワクでした。

 

実は私が5年前に卒業した母校の学部の教授も同じ席にいたりしてなんだか不思議な感じがしたのを覚えております。(たぶんこの先生の授業をとった記憶は・・・ない。・・・けど自信もない笑)

ということで、今回はその「審議会」に参加して色々と感じた事をまとめようと思ったんですが、

仕事の時間なので、次回へ続く笑