フィリピン不動産投資で絶対に失敗しない唯一の方法 ~新築コンドミニアムを買わなかった理由を斜めから見る~


 

さて、2013年末ころから、海外不動産投資を心に決め、

(※これはブログのテーマでもある自由に生きる一歩目として)

 

いろいろ浅く勉強をして、買ってやろう!と思ったものですから、

(※どういう勉強を経たのかは今度まとめます)

 

「現地に行って最終的に契約してこよう!」

と思い立ち。

いざ、フィリピンへ。

 

そこで発見した、

フィリピン不動産投資で絶対に失敗しない方法は・・・?

 

結論:新築コンドミニアムをそもそも購入しない!!

でした笑

 

でもね、ほらこんな感じとか。

写真 14-02-18 13 03 12

 

こんな感じとか。

写真 14-02-18 13 03 26

こんな感じで、ちゃんと不動産は見てきたわけです。

写真 14-02-18 9 15 30 

 

じゃあなぜフィリピン不動産投資に踏み切らなかったかというと・・・。

 現地で俺が不動産業を営むわけではないから。

これに尽きます。

 

というのも梶原純28歳。

潤沢な資金源があるわけではないので、やっぱりキャピタルだけではなく、インカムも考えたい。

不動産の素人でもちょっと頭を使えば、

購入<貸付<売却

の順に難易度が上がるのは明確でしょ。

 

確かに、フィリピンに降り立った瞬間の躍動感は半端なかった。

しばらく日本が忘れていたあの国の勢いに賭けたい気持ちはわかる。

いつか住んでもいいなと本気で思えた。

しかし、しかしである。

 

あくまで素人の見解だが、現地に行った感じたこと等をまとめると、

    1. 実需が感じられなかった。
      営業トークには、「狭い部屋でも、二段ベッドおいて住むんですよ。」というのがあったが、5つ星ホテルのすぐ裏にはローカルが住めるような安い部屋があるのになぜコンドミニアムに住む必要があるのか。
      住まないでしょ。

 

    1. 日本を拠点にしているので不動産業を営めない。
      購入は簡単なのだが、どうやって貸し付けるのか。フィリピンには日本にあるような不動産業者がないので、貸し出しのイメージがわかない。日系企業がサブリースしているところや、ある程度の手数料を払えば貸付まで見てくれるところはあるんだが・・・

 

    1. 海外に行く(国・為替・その他)というリスクをとってまで年利6%って・・・。
      日本にいてももっと他の投資で年利6%くらいはいける。そう考えるとわざわざ為替リスクとったり、カントリーリスクとってという苦労をしてまで年利6%程度に魅力を感じない。もし業者に客付け頼んだならさらに目減り。

 

    1. プレビルドなので、着工4ヶ月で大体数%値上がりはしますので、完成前に売却を・・・。
      といわれても、それはデベロッパー(販売者)が勝手に値上げしている額なので、別にそれによって実需があってその値段で売れるわけではなく、客は自分で探さんといけない。もし業者に客付け頼んだならさらに目減り。

 

  1. 海外不動産投資斡旋の紹介によくある、「自分は日本ではうだつの上がらない・・・」
    日本でうまくいかないので海外に飛び出そう!というメッセージで後押しするのがあるが・・・まぁ俺まだ日本にやることたくさん残っているし、ビジネスもうまく行っているので、平均的な人よりは成功というかがんばっている気はする・・・。

などなどが、自分で立てた否定の仮説を覆すエビデンスと資金力がなかったために、今回はことさら海外の不動産を購入してという選択はやめましたとさ。

 

ただ、国としての魅力は本当にやばい。

あのなんでしょう。新興国特有の躍動感。

また、カジノが立つであろうあのエリアも魅力的。

ぜひとも住みたい。

 

なので色々考えてみて、

現地にて、BAY Viewの中古のコンドミニアムを購入してビジネスを始めて、その延長で不動産経営を。

というスタイルであれば非常に面白そうだし、日本での本業がなければ今すぐ行ってやりたいくらいです。

 

現地にいれば

1、不動産賃貸業界を作る面白み。

2、インカムを定期的に狙える。

3、キャピタルも狙える。

4、10年後の世界経済のコアになるであろうエリアにいる。

というようなワクワクは経験できるんだよね。

 

てことで、もし、年間1000万くらい出すから梶原君うちの会社で現地法人やらない?ってオファーがあれば

結構考えます笑

 

最後に、いくらお金があるからといって、現地も見ずに、自分で考えもせずに、不動産に投資をするっていうのはやめたほうがいいですよ。だって、普通に考えて、我々外国人には不利な情報と、不利な待遇しかないに決まってるじゃないですか。

というのがこのこのブログで伝えられたならまぁ行った甲斐があったなと。

 

●資金力が許す。
●成功するとの信念と裏づけられるデータがある。
●背水の陣。

この3拍子がそろっている人はぜひやった方がいいっすよ!