そこに愛はあるのか。〜義足のランナーから横国の名誉教授に思いを馳せる〜


愛はどこにあるのでしょうか。

僕のような小物には死ぬまで理解できない事でしょう。

先日ニュースを見ていると、義足のランナーが恋人を殺害した容疑で逮捕された的なニュースが出ておりました。

義足のランナー殺害容疑

 

事件の概要は、被告が自宅の浴室で、恋人だったモデルを射殺したとされている。

彼は、彼女を侵入者だと思い込み、鍵がかけられた浴室のドアの外から銃を撃ったとして故意の殺害ではなかったと主張。

しているのとこと。

 

 

まぁ色々背景があるとは思います。

義足になった経緯もわかりませんので、もしかしたらすごく臆病で、本当に侵入者だと思い。

殺害したのかもしれません。

正当防衛と捉えてもいいかもしれません。

彼らにしかわからない愛の形がそこにあったのかもしれません。。

 

 

 

日本に話しを戻します。

どうやら先日横浜国立大学の名誉教授が殺害されたようです。

 

酒を飲んで浮気する主人に怒って奥さんが陶器のコップで殴打。

 

痛そう。

どうやら、容疑者(奥さん)は殴ったことは認めているが殺意は否認しているという。

 

ん???

ちょっと待て。

さすがに、顔面を陶器のコップで数回殴ったら死ぬだろ?

それくらい教授でなくても

教授の奥さんでなくても

一般人の俺でも予測できる。

 

ここで彼女が殺意を否定する理由はなんなんだ?

故意がないってことで刑が軽くなるのを狙ってだとしたら、

ぎゃーくーにー

その意図があるという点から類推して殺意あったと認定していいでしょ。

 

 

この二つの事件の行方は大いにに気になるところですが・・・

 

一度愛した人を殴って殺すに至までの怒りをはけ口はなかったのかなと。

先日のブログでも書いたがみんな理不尽にキレすぎでしょう。

 

人を殴ってはいけません。

なんて中身のないブログだろうか。