受験勉強は大学以降に役立つか


さて、あとちょっとでセンター試験というやつですね。

 

よく聞かれる。

こんな勉強して、受験勉強って大学以降に役立つんすか?と。

結論:

 

絶対役立つ。

 

おそらく直接役立つという意味では、

少数を除き、ほとんど役に立ちません。

じゃあなんでやんの?

 

ここがポイントです。

そもそも日本の教育は成功しすぎて今の形になっていると俺は前回書いたよーな気がする。

こんなにグローバルに成熟した(しかけている)社会で日本の受験勉強がどこで役に立つのか?

役立つことに関するへりくつは色々とこねられます。

将来の可能性が広がるからとかなんとか。

また、論理的に、経済的合理性から大学受験を経た人間とそうでない人の比較により、大学受験をした方がよいという結論を導く事もできる。

でも違うよな。

ということを僕も普段モヤモヤと抱いておりましたが、

最近の成人式と、

身近にいる大学生たちの発言を聞いて、ひとつの答えがでたような気がします。

 

以下、ひどく個人的な見解なので人によっては気分を害するかもしれない。

がしかし、それなら見なきゃいいのに(笑)

 

さて、受験勉強そのものにもしかしたら価値はないかもしれないんだが、

ある一定の期間に物事を詰め込む事で

ある種の「器」を自分の中に作れるんだと思う。

もしくは心の中に「碇を降ろす」とでもいうのか。

 

普段カフェとかでぼーっと人の会話を聞いているんだが、先日もスタバにて

「私、転職決まったんだけど、まじ前職の掛け持ちで副業したいんだよね。でもばれたらやばいらしくて、フツーにばれなくね?でもバレたらと思うとまじチキる。24連勤で16万だよ。あー楽して稼ぎたいなー」

とのこと。

成人式の着物がどーとか言ってたので、おそらく19歳か。中卒か高卒で就職をしたのかもしれない。

・・・いや、考えようぜ。

確かに俺はそんな頭よくない。

「チキる」に至ってははグーグルさんに聞いてしまったよ。

でも、そんな俺でも考えることはできる。

 

一方、先日大学生が、ふと

「このままじゃやばいと思うんです。あの時の頑張りに比べると今が・・・うんぬんかんぬん。」とのこと。

何がやばいのかは詳しく聞いてないが、

この一言を無意識に言ってきたことに

我が意を得たり。でした。

 

 

何かを一定期間努力して、自分の心に基準を作った人でないと絶対にでない発言だなと。

 

 

ずっと思っていて、大学受験とは全く関係ないことなんだが、

何かを一定期間努力したことがない人は

刹那的に生きるというか、

誤解を恐れずに言えば、

動物的な気がする。

面白いからやる。

腹減ったから食う

やりたいからやる

寝たいから寝る。

 

・・・1回しかない人生。せっかく人間に生まれてきたんだから、僕は人間として生きたい。

とちょっと思ってる。

あわよくば、人間として20世紀的美徳を持つ人より自由に生きたいと思っている。

 

普段生きていて、色々と色々と色々と考えるに・・・

動物的生き方×何かに努力する=人間的生き方のスタート。

のような気が最近する。

ここまでくると受験勉強関係ないね(笑)

 

生き方は人それぞれなんだが、俺が言いたいのは、何かに一生懸命費やした時間と経験は、絶対に今後の人生で役に立つ。

(必ずしも受験勉強である必要がないのは当然)

だから、君たちが1日何時間も椅子に座って、

他の誰かが楽しんでいる間、

それを犠牲にして得た経験は絶対に役に立つ。

これが言いたかった。

 

だから、社会的になんの影響力もない18歳以下の子達が、なんらかのパトロンなしに思い通りの人生を成し遂げようと思ったら、とりあえず勉強をする。

ただ、やるなら一生懸命やる。というアプローチは間違いではないと思う。

 

断っておくが、「学歴は人を判断する時に全く関係がない」と俺は思っている。

だから大学名なんてどうでもいい。もっというと関わってくれた子が東大に受かろうが、どこか地方の聞いた事がない大学に受かろうがあまり喜びは変わらない。(というか、たぶんどっちもそんなに喜ばない)

僕は心の底から、その過程が大切だと思っているから。

 

受験勉強は、「その一定期間に経た経験」が大学以降に役立つ。

これは言えそうだ。

ということで、まぁセンター試験はほどほどに。

1・2日の試験結果で人生逆転できないほど大きなダメージを受けることはないよ。

 

また、既に大学生の人は、せっかく得たあの貴重な経験を今に活かしているか?

 

日本が右か上がりで上がっている時には、言葉は悪いが動物的な生き方でも

満足度の高い人生を送れた。

「いい大学に入って、いい会社に入れば定年。途中でマイホームと子供つき」

だが、今は違う。

人間的に生きたいのであれば、経た経験を使って考えよう。

 

ということでみんな風邪引くなよ。

 

受験勉強は大学以降に役立つか」への2件のフィードバック

  1. 長野勝裕

    定年を過ぎて3年たった元受験生です。
    受験勉強は理屈抜きで役立ちました。
    ただし、受験勉強で物事に集中した経験、勉強の内容を他から生かしてくれるのを待っていては
    まったく役立ちません。自分の経験、得た知識を役立てるようにこちらから仕事を作っていきました。
    つまり好きな仕事が来るように仕向けました。
    私はしがない技術サラリーマンですが、上記態度でコツコツと仕事して実績が黙っていてもついてきて
    人生、成功した部類かなと満足しています。
    私は決して有名企業の社員でもないし、東大や京大のような一流大学ではなく、いわゆる昔駅弁大学(古い)
    と言われた大学卒です。
    受験勉強でもなんでも目標を立てて結果を反省して次に備えるという当たり前のことが重要とやっとこの歳で分かってきたような気がしています。

    返信
  2. タクタク

    はじめましてこんばんは。
    現高3の名前だけの受験生です。
    自分は、高3の夏まで部活漬けでした。プラス親がアルコール依存だったので、高3の秋くらいまで家は荒れに荒れていました。
    で、今は親父はアルコール抜けています。勿論勉強せねばならぬとは思います。が、親父との良い思い出なく大学生にそして社会人になるのは嫌なので、親父と今は平穏な毎日、を過ごし、そして、遊びに行っております。引退後勉強するつもりでしたが、今は親父との思い出作りに奔走しております。

    自分の通ってる高校は、京都の私立のR南高校です。多分ご存知でしょう。高校受験は家の外にいたかったのもあり、毎日塾通いしておりました。
    自分で言うのも難ですが、頭は良いです。興味があれば。
    例えば、倫理政経の倫理範囲では、西洋近現代思想(ルソーくらいからフロムくらい)は、興味があって、哲学書読んでたので、近現代出ればセンター倫理は満点取れます。勉強してませんが。
    その代わり、読んだこともなく、読む気もない古代思想(プラトンとか)は、一般教養分の点数くらいしか取れません。
    同様に、将来起業したいので、金の動きに関わる経済範囲はほぼ満点(国際貿易とかは悲惨ですが)。政治範囲は、マルクスとそれに付随する修正社会主義関係は満点。そんな感じです。
    お馬さんの応援よくするので、数学の確率範囲や、それに付随して、投資の勉強してたので、マーチンゲール法なども絡む数列は満点です。
    でも関数とかは興味もなくて悲惨な点です。
    英語も語法とか発音問題は3割くらいしか取れませんが、長文は読みながら語彙類推して満点取れたり。
    本読んでばっかだったので現国満点で、古漢3割とか。

    取り敢えず今年は遊ぶつもりです。親との思い出作るため。

    そして、来年、貴殿のブログ読んで気付いたように、将来あんだけ頑張ったんだから、って言えるように浪人頑張ります。
    興味ないそれらを点伸ばせるように頑張ります。

    ではでは。失礼致しました

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です