体罰


あけましておめでとうございます。

2013年ですね。

なんだか日本では最近、体罰が問題のようですね。

体罰が問題視されるほど国が成熟を遂げたのか、

依然日本が変わらない事の現れなのか・・・

 

思えば父には「人は20歳まで人権はないんだよ」となぜか言われていた。

「人権」なんて言うと大仰だけど、

要は「20歳まで親の言う事は絶対に聞かなきゃいけないんだよ。だって金ないでしょ。」くらいに思ってもらえば。

忘れもしない、

大学に入って、憲法入門

宍戸先生の授業(今wikiさんに聞いたらどうやら現在は東大の院の教授のようで)

彼のケツはぷりっとしていて

奥さんがきれいだという噂。

そして、人権は誰にでもあるって言っていた。

うちの家庭で、DVは特になかったと思う。

でも1年で350日くらい殴られていたと思う。

だって、殴らずに剣道ってできますかい?と。

そういえば昨日珍しく実家に帰ったら父は7段をとっていた。

継続はチカラなり。

 

話しを戻す。

どうやら、いわゆる「体育会系における体罰問題」である。

個人的に体育会は好きです。

一緒にいて心地よい。なんというか、空気を読んでくれる。

「空気を読む」なんて言うと、古くさいとか言い出して

今は、Stay foolishだぜ とか聞こえてきそうだけど。

お前らはジョブズではない。

俺はジョブズはよく知らないが、君たちがジョブズではない事はよく知っている。

一緒にビジネスをしていても、体育会系出身者と、そうでない人。では何かが違う気がする。

なんだろう、Ted見てて

この子が言っている

「子供は毎日わくわくしてる」ぜと。

アドーラ・スヴィタク

Kids can be full of inspiring aspirations and hopeful thinking.

確かに。子供は理想しか見ないからこそ大人も学ぶ事があるけども、

なにか腹落ちしない。

見ていて、おーっと思うと同時にちょっと残念になる。

そう、世の中はもっと理不尽だ。

そう、体育会系を経験したことがない人はこの理不尽さに対する守備力が足りないんだ。

この動画の子とビジネスをやりたいと思わないのと、

体育会系出身じゃない人とビジネスをやりたくないのは一緒な気がする。

(この子を商品としてマネタイズするなら面白そうね。ビジネスパートナーとしてはやりたくないってことね)

そして、stay hungry とかいう人に限って、従順はダサいとか

仕事をしたら負けだとか、

言いながら大人に使われていく。(←この辺はかなり偏見)

何が勝ちか負けかわからんけど、資本主義経済で生きている以上

金が勝ち負けの1基準で差し障りないだろう。

そういう奴に限って金がない。気がする。(←この辺もかなり偏見)

金稼いでるならそれはお前がやりたくない仕事そのものだよ。

となぜ気づかない。

とまぁこのへんは世代論的になるので今日はこの辺で。

 

 

俺が何を言いたいのかというと

「体育会系における体罰問題」が取りざたされているが、

体育会系にっていう前置き・・・

要るか?

体罰はよくない。

100%よくない。

体育会特有の縦社会を結びつけて

・マスコミがあおる。(権力の監視は私見を入れずしてできないかもしれないがだいぶ偏ってないか?と)

・OBの「あれがあったからこそ自分は成長できた」という過去の美化。そりゃああの体罰の日々を否定したら人生の否定だもんな。

某ヨットスクールを除いて、体罰は学校に多いと思う。

確かに、すごく失礼な言い方かもしれないが、俺にとって学校の先生は、予備校の生徒とあまりかわらない気がする。

だって、システム上、小ー中ー高ー大ー先生になれるなんとも特殊な制度だからね日本は。

一度も「学校」という世界から出ずして先生になれる。

「学校」から出た事ない高校生との本質的な違いを探す方が苦労する。

 

学校で当然だった体罰は、

当然のごとく自分が先生になってもするよ。

 

なんだろう。

体罰について思いを馳せれば馳せるほど、教育システムが問題の気がしてならない。

教育で子供を大人にするはずが、当の教育を提供する側は実は子供だったという皮肉。

そう、ビジネスを一緒にするには、体育会系であることは不要で。大人であって欲しいんだ。

そして、大人(※梶原定義の)になるのに、体育会系に属していた経験が資する部分は多い・・・と思う。

俺が言いたいのは

体罰はよくない。

ビジネスは大人としたい。

そして、 だいぶブログを長く書いてしまったが論点ふわふしているので見返すのが怖い。

でもアップする。

寝る。

 

ごきげんよー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です